相続セミナーへ行って相続体験談を聞いてきました

相続税の関心の高さから相続セミナーが各地で開かれています

先日、近所の人に誘われて自治体が行っている相続セミナーに行ってきました。
そのセミナーには司法書士や税理士が講師として呼ばれており、遺言書の書き方の説明や、相続税の説明などを受けることができました。

相続セミナーで聞いたトラブル体験談

でも、私が一番興味を持って聞いてきたのは、実際に相続トラブルに巻き込まれてしまった人達の相続体験談でした。
3名の方が御自分の相続体験談を話してくださったのですが、テレビドラマのような出来事が実際に起こるんだとビックリしてしまいました。
どの方も、自分自身が相続トラブルの渦中に投げ込まれてしまうまで、自分は相続トラブルとは一生無縁だと思い込んでいたと言っていました。
その話を耳にして、私も考え方を改めてみる必要があるのかもしれないと思いました。

歳を取り過ぎる前に相続の問題に道筋を付けたいです

私は現在76歳です。
平均寿命を考えると、もうしばらくは生き続けることになるのだろうと思いますが、頭や体がいつまで持つかを考えると、正直言ってとても不安です。
夫は10年以上前に亡くなっており、2人の子供は結婚して家を出ています。
なので、もう長いこと1人暮らしをしていますが、あまり寂しさは感じません。
なぜかというと、誰にも気兼ねすることなく、自分のペースで好きなように生活することができているからです。
子供には迷惑をかけたくないので、1人で生活し続けていくことができない状態になった時には、それ相応の施設に入りたいと希望しています。

後顧の憂い無く旅立つために勉強を重ねたいです

ただし、この先どうなるかについては、サッパリわかりません。
でも、どのような状態になってしまったとしても、子供2人にはずっと仲の良い関係でいてもらいたいと考えています。
私の介護や遺産の問題で、2人の子供が仲違いするようなことには絶対になって欲しくないと思います。
ですので、今回相続セミナーへ行ってきてから、真剣に終活のことを考えるようになりました。
とりあえず、まず手始めに遺言書を書いてみようかと考えています。