相続体験談を聞いて借金の対処方法を知ることができました

市役所主催のセミナーで相続の問題を理解しました

電車とカモメこの間、市役所が主催する終活セミナーに行ってきました。
新しいスタイルの葬儀やエンディングノートの作成方法などを教えてもらうことができたため、とても勉強になりました。
また、相続トラブルの当事者になった経験を持つ人の相続体験談を聞くことができた点でも、とても満足しています。

父親の死後の問題を具体的に考えるきっかけとなりました

私の母は10年以上前に亡くなっていますが、父はまだ健在です。
私は弟と2人兄弟なので、父が亡くなれば、弟と2人で遺産を相続することになります。
たった2人きりの兄弟ですから、遺産相続が原因で仲違いしてしまうようなことにはなりたくありません。
でも、今回相続体験談を聞くことができたおかげで、遺産分割協議をスムーズに進めるためのコツのようなものを知ることができました。

親が会社経営者だと別の問題が発生します

 もう1つ大きな収穫だったと思うのは、相続放棄や限定承認の手続きを詳しく知ることができた点です。
実は、私の父は小さな会社を経営しています。
吹けば飛ぶような小さな会社ですので、経営者である父自身が連帯保証人になり、銀行から事業資金の融資を受けています。
私や弟は父の会社の事業内容を全く知りませんので、今どれくらいの金額の融資を受けているのかサッパリわかりません。
そもそも借り入れと返済を繰り返しているようなので、時期によって残債額に大きな差があるようです。
場合によっては高額の借金を背負ったままで父が亡くなってしまう可能性がありますので、深く考えずに遺産相続手続きを取るわけにはいきません。

いざとなったら遺産相続専門の弁護士に相談したいと思います。

でも、今回のセミナーで相続放棄や限定承認のことをかなり詳しく知ることができたので、とても良かったと思っています。
相続体験談を話してくれた人は、他の相続人の合意を得ることができなかったため相続放棄手続きを取ったそうですが、我が家の場合は限定承認でも良いかなと考えています。
これについては今のうちから遺産相続弁護士に相談していこうかと思っています。