遺産相続と遺言書の知っておきたい概要

遺言書の有る無しで大きく違う財産相続

砂浜のカモメ人が亡くなると、その人の遺産を相続する人が発生することになります。誰が遺産を相続するのかというのは、遺言書があれば遺言書に記載された内容が尊重されることになります。但し、どんな遺言書でも良いというわけではなく、遺言書には形式があり、その形式に則った遺言書でなければ、その遺言書は法的な効力は示さないことになります。
遺言書がない場合の遺産相続は、法律に基づいて遂行されることとなります。この場合、相続する人、及び、その順位は明確に示されています。

配偶者の他にも法律で定められた権利者が複数います

亡くなった人に配偶者がいる場合、配偶者は必ず遺産を相続することができます。但し、すべての遺産を相続できるというわけではないのです。子供がいれば、子供と折半することになります。この場合、当然、配偶者は1人ですが、子供は複数人いる場合があります。子供が複数人の場合は、配偶者は半分、残りの半分を子供の人数で割ることとなります。子供は亡くなっているが孫がいる場合、孫が子供と同じ権利を有します。

ケースごとの法定相続人の違い

配偶者はいるが子供(孫)はいない、しかし父母がいる場合は、配偶者と父母で遺産を分けることになります。この場合の分配は配偶者3分の2、父母3分の1です。父母は亡くなっているが祖父母は存命の場合は、祖父母が父母と同じ権利を有します。
配偶者はいるが、子供(孫)、父母(祖父母)はいない、しかし兄弟がいる場合は、配偶者と兄弟で遺産を分けることになります。分配は配偶者4分の3、兄弟4分の1です。
配偶者しかいない場合は、当然、配偶者がすべての遺産を相続します。配偶者がいない場合、子供(孫)がいれば、子供(孫)がすべての遺産を相続することになり、子供(孫)もいなければ、父母(祖父母)となり、父母(祖父母)もいなければ、兄弟がすべての遺産を相続することになります。
但し、必ず遺産を相続しなければならないというわけではないのです。遺産相続を放棄することは可能です。また、相続権を有していても、非行等が原因で剥奪されることもあります。