遺言書は元気なうちに作成しましょう!

遺言書は誰でも作成可能です

遺言書は満15歳以上になれば、誰でも作成することが出来ます。
また、一度作成した後、何度でも訂正、取り消し、書き直しをすることが出来ます。
そのため、状況に応じて見直すことも必要になります。
複数の文書が遺言者の死後に見つかった場合には、日付が新しい文書が効力を持つものとして判断されます。

パソコンなどでは作ることが出来ません

なお、遺言書は作成者が自筆で作成する必要があります。
そのため、パソコンを使用して文書を印刷したものや作成者以外の人間が代筆したもの、手を添えて作成したものに関しては有効と認められない可能性があります。

筆記具や書き方にも注意して下さい

遺言書を作成する際には、用紙、筆記具、実印を用意するようにします。
ただし、注意しなくてはならないことがあります。
それが、使用する筆記具です。
最近では、摩擦により一度書いた文字を消すことが出来るタイプの筆記具があります。
そのようなタイプを使用した場合には、後々トラブルとなる可能性がありますので、このようなタイプの筆記具は使用しないようにしましょう。

遺言書は言葉遣いも独特です

書くべき内容としては、法定相続人ではない人に、相続させたいという物がある場合には、「相続」という文言は使わずに「遺贈」という言葉を使用するようにしましょう。
印鑑を使用する場合には、認印でも法的に問題があるということはありませんが、トラブルを防止するために、実印を使用するようにしましょう。
なお、作成した日付は必ず正確な日付を記入することが大切です。
文書が2枚以上になった場合でも、1つの封筒に入れて保管することで、同一と見なされますが、ホチキスなどでまとめておくと良いでしょう。
具体的な書き方については、最近では書籍で調べることも出来ますし、インターネットサイトなどで調べることも出来ます。